home写真

お米とソバの脱穀が終わり、十三夜とキルタンの会の、二つの大きな催しが終わった。いっとき今ここを離れ、私たちを遠い懐かしい世界に連れて行ってくれた声明に似たキルタンの歌会。息をのむような美しさの十三夜の月の出。体を使った農作業と、心に響く月待ちと歌う瞑想のあとは、弛緩しながら長い冬に向かって、ひとつひとつ心身が閉じていく感覚である。ことを終えた今、そういう自覚を目の前に開かれた里山の風景が後押ししてくれる。閉じられ開かれ、夜と昼の日々はくり返し、春夏秋冬の季節は巡る。里山は紅葉の盛りを過ぎ、落ち葉の敷物に淡い斜めの日差しが落ち、裸の木々の林に森に、松や杉の緑が浮き立つ時節になった。

朝夕に霜は運ばれ、風はなく日が差せば暖かい。冬が来る前の穏やかな日々が続いていたその夕刻、小高い山の松林の樹間がにわかに明るくなった。時速3700キロでありながら、徐々に山の端に顔を出すお月様。十三夜の月待ちである。広縁に集まった22人が月の出を待つ。なんというわくわく感。月待ちをするその一つのことで、こんなに盛り上がりひとつになれることの不思議。厳かで平穏な心の布目模様が辺りに広がる。

今年も十三夜の月は名月であった。集まった人の心を引きつけてやまない十三夜の山の月があった。お月様と夏林一彰さんのギターの弾き語りという名優に魅せられ、仕出しのさとうの十三夜の月見弁当、栄宝堂の十三夜饅頭の脇役に支えられ、今年も十三夜の月待ちを無事終えることができた。お陰様でひと区切りがつき、これから冬仕度を整えることができる。

今日は陰暦九月の満月です。月のきれいな夜が続いています。トンボやチョウやカエルなど生きものの姿がめっきり少なくなってきました。冬の足音が近づいています。

開社日時 西暦4月23日(日)~11月11日(土)
<陰暦三月二十六日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。入場料300円(会員、学生、子どもは無料です)。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。 メール:jomon.uzumakisha@gmail.com