home写真

曇りのち雨、俄かに晴れたと思ったら、また曇って雨が降り、そののち晴れ間の広がるうずまき天気の日、縄文のうずまき社の5年目のオープンとなる。

海上川は楽しそうに歌い、庭の桂はぷちぷちの臙脂の芽を吹き、紫木蓮やさくらんぼの赤白大小の木の花がまずは咲き始め、ラッパ水仙が黄色の光線を明るく放ち、オオイヌフグリの青くやわらかな絨毯が広がり、西洋タンポポが控え目にぽつぽつ目を開け、イヌナズナやタネツケバナがいつのまにかひっそりと咲いている、そんな春の日、みなさんが集まってくれた。

役割を決めずとも、それぞれ自分のできることを見つけ、洗う切る握るよそう運ぶなどして、お昼の用意を整えた。

おのぎりとひっつみ、それにこれも手づくりのスコーンをいただき、楽しく賑やかなお昼時とあいなった。子どもが8人、にぎやかだった。市と言っても人口は2万7千人、去年は2万8千人台だったのに過疎が進む町にあって、子どもの笑顔泣き顔を見るだけで幸せな気分に浸れる。

午後はゆっくり百人一首や坊主めくりを楽しんだ。初めての人が多かったけれど、子どもも大人もそれなりに楽しめるところがカルタ遊びのいいところだ。

今年は何をしよう。映画館はなく大きな本屋も寄席も美術館もない。でも、田舎には大地がある。種を蒔けば芽が出る、肥沃な大地がある。それを生かさない手はない。江戸時代中期の思想家の安藤昌益が説いた「直耕」。男は穀物を作るために土を耕し、女は服を作るために機を織る、このような労働が人の本来の生き方だと。私は、今年も土を耕し食べ物を作ろう。食でつながっていけたらいい。

今日から陰暦の卯月です。農事に追われます。暦の上では夏ですが、北国ではやっと桜が咲き白楊が青めき、春が始まったばかりという感じです。この後、季節は遅れを取り戻すかのように一気に駆け上がります。

開社日時 西暦4月23日(日)~11月11日(土)
<陰暦三月二十六日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。入場料300円(会員、学生、子どもは無料です)。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。 メール:jomon.uzumakisha@gmail.com