home写真

午後6時新宿駅で待ち合わせをしたのだが、ちょうど退勤時刻に重なったからであろうか、すごい人の流れである。まるで、何者かに壊された蟻の巣のような人の流れ。都市は偉大であり、異様である。

二戸に帰って、山の畑で片づけをしていたら、午後4時にはすでに月が出ていた。無風無音無人で、山と里のあわいの野ぎわの風景に、体が溶け出しそうだった。私が消え失せ、風景の一部になった気がした。

経済格差もさることながら、この都市と田舎の風景の格差は、何なんだろう。同じ時代の同じ日本の風景とは思えない。時代の流れの中で格差は生まれるものであるけれど、極端というのは考えものである。格差是正に国や政治の役割があると思うのだが、今は逆だ。格差を進んで助長し作り出している、なぜだ。

農業漁業林業で豊かに暮らしていける社会を、もう一度新しく作り直せないのか。美しい農村や漁村や里山の広がる風景を想像してみる。普通に人がいて普通に家や建物があり普通に自然がある。そんな調和のとれた風景は、もう想像の世界の中でしかないのか。除草剤やカメムシ防除剤を大量に撒き、化学肥料を大量に使う農業。いつから私たちは、草を嫌い虫を嫌い土を嫌い、総じて自然を嫌うようになったのか。

能楽堂で能や狂言を見、北斎美術館に行き、運慶展に足を運び、銀嶺ホールで「人生フルーツ」を見、ジュンク堂で本を買い、いくつか個展に寄り、喫茶店でコーヒーを飲みながら、あれやこれやを思い巡らし、考え、東京を楽しんできた。

そして帰ってきた。私はここで暮らしながら、体の中の内なる自然をもっと広げていきたい、そう思った。

静止画の風景の中に溶け出だす山の畑の午後4時の我
山里の冬の初めにしとど降る雨は冷たき温かきもの

メール:jomon.uzumakisha@gmail.com