home写真

ニイニイゼミの鳴き声で夏休みが始まったが、もうウスバキトンボが飛び始め、夏休みの終わりが近いことを教えてくれている。

この夏休みに、二つの子ども行事を行った。一つは箸作り、プラム工芸の五角箸作り体験である。先人が長い歳月にわたり育てたオノオレカンバの木、親子でその堅い箸材の磨きをし、焼きペンを使って模様をつけ、胡桃オイルを塗って仕上げる。時をくぐり抜けてきた古民家の元馬小屋で、北上山地の風雪に耐えて育った木と対話しながらの作業だ。昔の時とつながっている今、昔の人とつながっている今、小学校の上級生ぐらいになると、今は昔と連続でつながっていることがわかり、時を感じ楽しみながら箸を作ることができた。

もう一つは七夕である。今は新暦の7月7日の梅雨のさ中にやるが、本来七夕は、空も空気も澄む秋の行事である。旧暦の七月七日に親子で、短冊に願い事を書き、それを青竹に飾り付け、「たなばたさま」を歌い、カレーを食べて初秋の夕べを過ごした。ちょうど雲間から舟形の七日の月が顔を出していた。やさしい光で地上のものたちをあまねく照らしだしていた。

箸作りや七夕飾りに、時に真剣に向き合い、時に笑い楽しんでいる子ども達。兄弟げんかをし、小さい子の面倒を見、庭の花を摘み虫を取り、食器を運ぶお手伝いをする子どもたち。二つの夏休みの催しを終え、大人も子どもも、ここで寺子屋ができたらいいな、学校の教育の場だけではない学びの場、ここかしこにそれが今ほしい、と夢想している。

10月21日(日)に十三夜の月待ちの催しを行います。今回は、にのへ音楽院の桂史子先生をお迎えして、ピアノの演奏も楽しみます。詳しくはこちらをどうぞ。

今年で3回目になりますが、北上市の谷地鬼剣舞を9月23日午後2時から上演することになりました。詳しくはこちらをどうぞ。

開社日時 西暦4月22日(日)~11月10日(土)<陰暦三月七日~十月三日>
<陰暦三月二十七日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com