home写真

学校が夏休みになった先日、小学生の親子が箸作り体験に参加した。オノオレカンバの五角箸を磨き、模様をつけ、オイルで仕上げる。熱心に作業をし、親子二組の箸を完成した。この箸で、いのち渦巻く食べ物をいただき、元気に夏休みを過ごしてもらいたい。

里山の風景の中に、オニヤンマが飛び、ヒグラシが鳴き、鬼百合が咲き、クズの花が乱れ落ち、虻がまといつき、草々は勢い繁茂する。すさまじいと表現できるほど、いのちの気に満ちている盛夏の中に、私は今いるのだ。でも、それは昼間のことで、夏の気は、夜には落ち着いて涼しい。そんな北国の夏に体が馴染んできた。

ここにきて稲の出穂があり、田の草取りが終了した。思えば6、7月の2か月のほぼ毎日田に入り、草取りをした。草取りをしながら日々、稲の生長を見てきた。草に負けないように手助けをすれば、稲は無肥料でもすくすく育ち、穂が出る。稲は、太陽と月と地球のエネルギーを受けて大きくなる。稲のおおもとの肥料は、太陽と水と土なのだ、と合点する。植物も動物も、おそらくいのちあるものはみな、そうなのだろう。

山の畑では、ナストマトキュウリなどの夏野菜が大きくなり、実りだした。ソバの種まきもした。田の草取りが一段落し、山の畑や庭の整理に力を注ぐことができるようになった。いのちを育て、いのちをいただく農の営みは、今その佳境を迎えつつある。

今日が水無月満月です。そろと秋の気が立ち、一年の半分が終わろうとしています。 九月に、北上市谷地鬼剣舞の踊り組が来て、今年も鬼剣舞を踊ります。入場無料です。詳しくはこちらをどうぞ。

開社日時 西暦4月23日(日)~11月11日(土)
<陰暦三月二十六日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。入場料300円(会員、学生、子どもは無料です)。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。 メール:jomon.uzumakisha@gmail.com