home写真

稲田の草取りという「修業」が終わりに近づいている。6月の頭からほぼ一か月半、一日3時間ほど、雨が降り続いた翌日などはその雨の日の分も取り戻そうと、午前午後3時間ずつの6時間、田に入って草取りをした。もしも、腰をかがめて泥の中を一歩一歩進んで草取りをする姿を俯瞰するならば、さながら田んぼにへばりついている奇妙な泥虫だ。いつも田の上を飛び交い、木々を渡り合う鳥たちには、どう見えていたのだろうか。不可解なことをする奴がいるもんだ、と思ったに違いない。

それにしても田んぼは虫の宝庫である。地球の3分の2以上の生物の種が昆虫だと言われているが、その縮図が田んぼにある。いつも水が湛えられているからだろう、いろんな虫が水の中に水の上に田の周りにいる。生き物のあまたのドラマが日々展開されている。田んぼに「通学」していると、その一部を垣間見、学ぶことができる。

今年もトンボのヤゴがたくさんに生まれた。黒っぽいヤゴ、薄緑のヤゴ、小さいヤゴ、長いもの、尾びれがついたものなど何種類かいるのだが、同定は難しい。毎年7月と8月に青いイトトンボとアキアカネとウスバキトンボが大量に発生する。そのトンボたちの旅立ちがを見たくて除草剤を撒くことなく草取りの「修業」をしている、とも言える。

野菜もそうだがお米の栽培は、稲の苗を一人勝ちにすることだ。ヒエ、ホタルイ、シズイ、オモダカ、コナギなどの芽をひたすら掻き回し、その小苗たちを逐一抜いていく。人の力によって稲を一人勝ちに近づけていく、それがお米の栽培というものだ。

その一人勝ちの程度と方法であるが、私には完全な一人勝ちは性に合わない。除草剤を使わずにある程度の稲の一人勝ちを目指しているのだが、草は待ってくれない。雨後の筍と同じようにずんずん伸びる。わしわし広がる。暑いさなかの長時間作業、それも足を取られての作業は、かなり骨が折れる。骨身を惜しむわけではないが、田に撒いてもヤゴたちが安心して棲める除草剤がないものだろうか。願わくば、誰か発明してくれるといいのだが。そうなれば喜んでその除草剤を使うだろう。

やっと青年にまで育った今年の稲たち。夏の風に、まるで弦を引き鳴らすように、青葉を揺らしている。田んぼが心地よい音楽を奏でている。出穂も近い。

開社日時 西暦4月22日(日)~11月10日(土)<陰暦三月七日~十月三日>
<陰暦三月二十七日~九月二十三日> の10時~15時まで。
土間、座敷、囲炉裏の間、巨木の庭など公開しています。田畑に出ていることが多いので、前日までに連絡ください。
メール:jomon.uzumakisha@gmail.com